TOP

ホーム > オレゴン州の貿易(対日輸出) > 概要 (主要産業紹介)

概要 (主要産業紹介)

グローバル・ゲートウェイ

地図国際貿易はオレゴン経済に不可欠な存在です。オレゴン州では製造業で働く4人に1人が国際貿易関連の仕事に従事しており、州別統計では人口に占める輸出量で常に全米トップ10内を維持しています。

ポートランド港湾局は充実した海運および鉄道輸送網はもとより、日本や欧州との直行便に対応するなど、便利で多様な国際交通アクセスを提供しています。環太平洋立地であることから、オレゴン州は特にアジアとの交易に便利な物流拠点となっています。

オレゴンからの輸出

高品質で知られるオレゴン製品の円滑な輸出を支えている重要なポイントに480kmに及ぶ海岸線と23の港湾施設の存在があります。シルトロニック社、アプライド・マテリアルズ社、ラティス・セミコンダクター社が事業拠点を構え、インテル社が同社最大の生産工場を置くオレゴン州は広く世界と結ばれています。オレゴンの力強いハイテク産業はその優れた輸送ネットワークの証でもあります。
輸出総額の3分の1をハイテク関連産業が占めていますが、その他の産業もオレゴン経済に大きく貢献しています。オレゴン州は木製品やスポーツアパレル分野でも世界をリードしています。ナイキは世界本社をオレゴン州に置いていることを誇りにし、コロンビア・スポーツウエア、アディダス・アメリカ本社など多くのスポーツアパレル・メーカーが米国本社をオレゴン州に置いています。

オレゴン州の大手企業

ナイキ、テクトロニクス、ジェルドウェン、フリアーシステムズ、メンターグラフィック、トライクイント・セミコンダクターズ、コロンビア・スポーツウェア、FEI、ジェネテック、プレシジョン・キャストパーツ、Wieden+Kennedy、他

オレゴン州のハイテク産業

インテルやテクトロニクス、日本の大手半導体企業から、ソーラーワールドやパナソニック(サンヨー)といった太陽電池メーカーまで、オレゴン州はシリコン製造業界に競争力ある確固たる地位を確立しており、カリフォルニアのシリコンバレーにならい、『シリコンフォレスト』と称されています。

オレゴン州には現在、5万人以上もの労働力を擁する一群のハイテク製造業者が操業しています。


オレゴン州の食品産業

トラックで24時間以内に輸送できる農作物の種類が250を超えるオレゴン州は、世界で最も多角化の進んだ農業生産地域の中心にあり、その農業および食品加工業はオレゴンの地勢と経済の優れた立地を背景に伝統的に高い評価を得ています。農業と食品加工業はオレゴン州経済の10%を賄っており、州内全域に広がっています。食品加工業に従事するオレゴン州の労働力は2000年から2010年までの間に、他のどの製造業分野より高い増加率を示しています。積極的な土地利用や水資源と土地資源に対する徹底した環境保護が、有効かつ信頼できる農業を支える確かなエネルギー源となっています。

オレゴン州の品質基準は、他の生産地域が基準を設定する際のベースとなっているほどです。高品質な真の食品をお望みなら、価格志向に走らず、つねに真の価値を重視するオレゴンがお勧めです。

食品加工業

オレゴン州を出港する貨物船はすでに1世紀以上も前から、米北西部のこの地方で収穫あるいは加工されたさまざまな農産物を広く世界中の港に輸出し続けています。新鮮で良質なオレゴン農産物に付加価値を付けた加工品に変えて世界各地に輸出する革新的な食品加工業者が存在し、その多くはここオレゴン州に拠点を置いています。オレゴン産イチゴはアイスクリームやスムージー用に冷凍ピューレに姿を変え、オレゴン産西洋ナシは真空パック後に輸送され、収穫時の新鮮な風味とサクサク感をそのままに数カ月間安全に保存されます。

オレゴンにおける食品加工業の売上と従業員数の60%以上を占める5主要分野は次の通りです。

  • 冷凍食品製造
  • 乳製品
  • 果物/野菜の缶詰製造、収穫、乾燥
  • ビールやワインの醸造酒・蒸留酒製造
  • パン製品、パスタ、トルティーヤ製造

オレゴン州の2010年の輸出総額177億ドルに占める農業・食品製品収入は16%に上っています。

オレゴン州の木材産業

オレゴンは全米最大の製材産出州です。オレゴン州の森林面積は3050万エーカー(約12万3000平方キロ)で、州の陸地面積の約46%を占めています。林産物製造業で世界をリードするオレゴン州は、入手しやすい原材料と最先端のアイデアを融合させ、高品質で付加価値の高いさまざまな木製品を生産して世界各地に輸出しています。

また、原材料の品質と専門的生産ノウハウにおいてオレゴン州はつねにトップの座を維持しており、二次木製品製造分野のビジネス環境に最適の場所としての地位を確立しています。オレゴンに拠点を置く製材会社には、ジェルドウェン、ウエアハウザー、ザ・コリンズ・カンパニー、オチョコ・ランバー・カンパニー、ハンプトン・アフィリエイツなどがあり、いずれも自社製品ラインに新機軸を打ち出し続けていることで世界的に評価されています。たとえばジェルドウェンが採用する独自の工程は、木材の表面だけを処理する従来のディップ・プロセスと異なり、環境的にもより安全な方法でありながら木材の中心部まで一貫して処理することが可能となっています。オレゴン州が世界に誇る付加価値の高い主要ウッドプロダクツには、針葉樹材モールディング、木製家具、建築用木製加工構造材、窓やドアなどがあります。




▶NEXT オレゴン州の製品

日本国内で流通されているオレゴン州の産品を、お馴染みのものからニッチなものまで幅広くご紹介。